• ホーム
  • 学校案内
  • 学校生活
  • お便り
  • 家庭・地域の皆様へ

ホーム > 学校案内 > 経営方針 > 学校経営計画

更新日:2017年5月2日

ここから本文です。

 

学校経営計画

(1) 南成瀬中学校 3つの「本」


教育は生徒の「人格の完成」を目指して行う営みです。
  本校では、生徒にかかわる全ての人(教職員・保護者・地域等)が常に生徒の成長に関する共通理解・共通認識を図り、教職員間、生徒間、教職員と生徒、保護者や地域等との双方向の温かな関係を築いていくことでよりよい学校組織を構築し、各教職員がその組織の一員としての自信と自覚をもって教育活動を推進しその実現を図ります。
特に、平成29年度も引き続き、「本物」「本気」「基本」の「3つの『本』」をスローガンに、教育活動を進めます。

南成瀬中 3つの「本」

○「本物」:生徒に自らの将来の生き方を考えさせ、夢を持たせるために、「本物」を見せ、聞かせ、感じさせ、体験させます。より多くの「本物」に触れる機会を日々の教育活動の中に設定します。
○「本気」:生徒の自尊感情を高めていくためには教職員の「本気」が必要不可欠です。授業や部活動はもちろん、生徒を褒めるときも叱るときも、また、保護者や地域の方々との関係でも常に「本気」で関わることで生徒の成長を支えます。
○「基本」:学力の基礎・基本、基本的生活習慣など、「基本」となる力を確実に定着させることで、生徒が中学卒業後も自らの力で自らの人生を自信をもって生きていく力を身に付けさせます。

(2) 「公教育」の視点を持つ


公教育の使命の一つに「どの地域のどの学校に通っても同じく質の高い教育が受けられること」が挙げられます。その実現のため、日本国憲法、教育基本法をはじめ、関係法規及び東京都教育委員会並びに町田市教育委員会の教育目標を踏まえるとともに、教育課程の基準である学習指導要領を基盤とした公教育を行います。

(3) 生徒のよりよい成長を促す


子供は本来、自らの夢や希望を持ち、その夢や希望を叶えていくために様々なことにチャレンジし努力していくことを通して成長していくものです。生徒一人一人が「自らの夢や希望を持つこと」、さらに「その実現に向け努力していくこと」を支える教育活動の実現を図るために、「真に生徒のためになるか」を判断の基準として、全教職員の一致協力による教育課程の編成・実施に取り組みます。

 

 

(4) ふるさと町田・南成瀬中を誇りに思う気持ちを育てる


 生徒たちは中学卒業後、高等学校あるいは就職等、それぞれの進路先に旅立っていきます。これまで、そしてこれからも本校ですすめていく特色ある教育活動を、生徒自身さらには地域・保護者の方々に理解、協力していただき、生徒たちが南成瀬中学校で学んだことを誇りに思い、ふるさと町田を大切に思えるような教育活動を充実させます。

 

 

○平成29年度 学校経営計画(PDF:329KB)

 PDFファイルでもご覧いただけます。クリックして頂くと新しい窓でファイルが開きます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

町田市立南成瀬中学校

〒194-0045 東京都町田市南成瀬7-7-1

電話番号:042-729-3441

ファックス番号:042-721-4478

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?