• ホーム
  • 学校案内
  • 学校生活
  • お便り
  • 家庭・地域の皆様へ

ホーム > 家庭・地域の皆様へ > 学校感染症への対応について

更新日:2017年2月10日

ここから本文です。

  

インフルエンザ等の学校感染症への対応について

お子さんが学校において予防すべき感染症にかかった場合、感染のおそれがなくなるまで登校できません。出席停止と言い、欠席扱いにはなりません。以下の内容をご確認の上、対応をお願いします。

 【登校許可証が必要な感染症名と出席停止期間の基準】

町田市立小中学校では、学校保健安全法施行規則に定める感染症のうち、下記11疾病について「登校許可証」(医師による治癒証明)の提出をお願いしています。「登校許可証」は学校で配布しますので、医療機関から発行を受け、登校する際に学校へ提出してください。

この証明の発行手数料は、町田市と町田市医師会との契約により、公費で負担しています。市外の医療機関や町田市医師会非加入の医療機関では取り扱いできなかったり、診断書料(文書料)をご負担いただく場合がありますので、必ず受診前に確認してください。

疾病名

出席停止期間の基準(登校の目安)

(ただし、医師が感染のおそれがないと認めた時はこの限りではない)

百日咳

特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで

麻疹(はしか)

解熱した後3日を経過するまで

流行性耳下腺炎

(おたふくかぜ)

耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで

風疹(三日ばしか)

発疹が消失するまで

水痘(みずぼうそう)

全ての発疹が痂皮化するまで

咽頭結膜熱(プール熱)

主要症状が消退した後2日を経過するまで

結核

 

病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

髄膜炎菌性髄膜炎

流行性角結膜炎

急性出血性結膜炎

溶連菌感染症

適切な抗菌薬療法開始後24時間を経過してから(登校の目安)

 

【登校許可証対象外の感染症について】

上記の11疾病以外の感染症(インフルエンザ、感染性胃腸炎など)にかかった場合も出席停止になります。医師が登校してよいと認める日まで登校を見合わせていただくようお願いします。登校する際には、下記の出席届に必要事項を記入し、学校へ提出してください。(医師の証明は必要ありません。保護者の方がご記入ください。)

インフルエンザの出席停止期間の基準は、「発症後5日、かつ、解熱後2日を経過していること」となります。

こちらからもプリントアウトしてご使用いただけます。 

→出席届 (インフルエンザ(PDF:82KB)) (感染性胃腸炎(PDF:82KB)) (その他の疾病(PDF:80KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

町田市立山崎小学校

〒194-0035 東京都町田市忠生2-15-26

電話番号:042-793-2004

ファックス番号:042-791-4183

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?