• ホーム
  • 学校案内
  • 学校生活
  • お便り
  • 家庭・地域の皆様へ

ホーム > 学校生活 > 校長室だより > 2018年度 > ふるさとは玉川学園(秋の子どもまつり)

更新日:2018年10月23日

ここから本文です。

ふるさとは玉川学園(秋の子どもまつり

20181021-13
秋晴れの下、秋の子どもまつりが開催されました。

20181021-1 20181021-2 20181021-3
            (↑地区委員会長と町内会長)
このおまつりは、実行委員会と青少年健全育成玉川学園地区委員会の共催で、本校の校庭を会場にして毎年行われており、玉川学園町内会、自治会、商店会をはじめ、地域のみなさまが総出で企画・運営されています。本校のPTAのみなさまも大活躍してくださっています。
32回目の今年のテーマは「ふるさとは玉川学園」。72年ぶりに「玉川音頭」も復活しました。

20181021-4 20181021-5 20181021-6
校庭のステージでは、本校の児童が所属している和太鼓クラブやブラスバンドクラブがステキな演奏を披露してくれました。
卒業生が通う南大谷中のダンス部も、華麗なダンスを披露してくれました。

 

20181021-7 20181021-8 20181021-9
校庭には、学校開放団体をはじめとする各種団体の出店や遊びコーナーが多く並びました。
南大谷中美術部の焼き物販売店では、心をこめて作った作品の数々が並び、感動しました。
まちづくりの会の展示もありました。ここでは、児童館に通う本校の児童が地域の専門家の指導を受けながら作成した「玉川学園の3Dマップ」が展示されていました。
いつもお世話になっているおまわりさんと一緒に、パトカーや白バイに乗ろうというコーナーもありました。

20181021-10 20181021-11 20181021-12

「のらくろコーナー」では、貴重な写真や資料の数々が展示されていました。
のらくろは、今から90年近く前に連載が始まった漫画の主人公です。
作者の田河水泡(たがわすいほう)さんは、この玉川学園にお住まいでした。
サザエさんの長谷川町子さんは、田河水泡さんのお弟子さんだったそうです。
田河水泡さんのお子さんでいらっしゃる高見澤先生は、もと大学の先生で、今も町五小の子供たちに玉川学園の昔の様子を教えてくださっています。今日もご夫婦で来てくださいました。
改めて、地域には著名な専門家が多く住んでおられ、本校に大きなお力をいただいていることを実感します。
玉川学園の地域の方々のマンパワーに感謝いたします。

20181021-14
太陽が眩しいくらい良い天気に良い天気に恵まれた一日でした。
昼間、子供たちの笑顔にあふれた校庭にも、日が傾くと少し寒く感じます。
今宵は十三夜(栗名月)。月明かりが校庭を照らしてくれることでしょう。

お問い合わせ

町田市立町田第五小学校

〒194-0041 東京都町田市玉川学園4-14-7

電話番号:042-725-8178

ファックス番号:042-721-4678