• ホーム
  • 学校案内
  • 学校生活
  • お便り
  • 家庭・地域の皆様へ

ホーム > 学校生活 > 校長室だより > 2018年度 > 海外からの視察

更新日:2018年9月23日

ここから本文です。

海外からの視察

先週の金曜日は、町五小に外国のお客さまがたくさんお見えになりました。
前日に開かれたGoogle主催の「Education Around the World」という国際的なイベントで講演された世界各国(アメリカ・カナダ・ブラジル・メキシコ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・スウェーデン)の教育指導者と、その関係者、町田市教育委員会のみなさまです。
日本の小学校を視察したいということで、これからICTを活用した教育が進むと注目されている町田市の中で、まさに全教員がチームとなって学びの変革に挑んでいる研究推進校の本校に依頼がありました。

まずは、本校のアイドルであるロボホンが、英語で挨拶し、歓迎の踊りを披露しました。
続いて、校長と副校長と主幹教諭の3人で、本校の経営方針とマネジメントシステムや研究概要について英語で説明しました。(子供たち同様に我々も挑戦中!)
大変に熱心な方ばかりで、日本の教育システム、カリキュラム、ICTの活用等について、時間切れになるまでたくさんの質問を受けました。
それぞれの国でも、21世紀に必要なスキルを付けるために学びの変革を試みているようです。
テクノロジーは、その導入には大変な労力を要しますが、確実に学びの変革に大きく寄与するとのことでした。
20180921-1 20180921-2 20180921-3
20180921-4 20180921-5 20180921-6

全てのクラスの授業を見ていただきました。
竹の子学級は、体育でそれぞれの課題に挑戦している授業。
1年生は、秋をテーマにした生活科、2年生は生活科や国語で、対話をメインにした授業。
3年生は、初めてChrome bookを使ってローマ字入力に挑戦する授業と、英語活動の授業。この英語活動では、英語の相手として授業の中にも参加していただきました。
4年生は習熟度別コースによる算数の授業。
5年生は、日本の伝統文化をテーマにした道徳とプログラミングの授業で、いずれもChrome bookを活用しました。そして英語の授業。ここでもお客さまにはゲストとして参加していただきました。
6年生は、国語と社会と図工の授業。扱った単元が、鳥獣戯画、江戸時代、キラリと光る絵(漆工芸の螺鈿をまねた技法)と、いずれも日本の伝統文化に関するものです。G Suite やスタディノートで意見交換をする場面や、日本の技に挑戦する場面を見ていただきました。
授業で使うChrome bookの台数が圧倒的に足りなかったので、Googleさんとdocomoさんにお力をいただいてお借りしました。文部科学省で示された「2018年度以降の学校におけるICT環境の整備方針」の基準では、3クラス(本校ではちょうど1学年)に1クラス分の端末となっています。これを、今回は借り物で満たしました。
20180921-7 20180921-8 20180921-9
20180921-10 20180921-11 20180921-12

給食は和食の献立です。各クラスの代表者が、お一人ずつ教室まで案内し、子供たちと一緒に給食を食べていただきました。
机の上には、2年生がおもてなしの気持ちをこめて折った鶴をプレゼントとして飾りました。(2年生が、先日の伝統文化の学習で地域の方に教わった鶴です)
20180921-13 20180921-14 20180921-15

給食後、それぞれのクラスでおもてなしを受けてもどってきたお客さまは、大変に喜んでおられました。
「Your school is Wonderful and you Have so sweet children!」
子供たちのことを褒めていただいて、大変にうれしく、誇りに思いました。
こんな感想もいただきました。
「ワールドカップ等で日本人のマナーの良さが賞賛されていた背景が理解できました。靴箱や掲示物など校内がきれいに整頓されていて、子供たちも礼儀正しい。当番活動(給食等)でもきちんと役割を果たしていて感心しました。」
改めて日本の良さを教えていただいたような気がします。
今後は、海外の学校と交流しながら学びの変革を進めていきたいと、夢が広がった視察でした。
貴重な一日となったことに感謝いたします。
20180921-16 20180921-17 20180921-18

 

お問い合わせ

町田市立町田第五小学校

〒194-0041 東京都町田市玉川学園4-14-7

電話番号:042-725-8178

ファックス番号:042-721-4678