• ホーム
  • 学校案内
  • 学校生活
  • お便り
  • 家庭・地域の皆様へ

ホーム > 学校生活 > 校長室だより > 2018年度 > 子供の育ちをつなげる(幼・保・小連携)

更新日:2018年4月25日

ここから本文です。

子供の育ちをつなげる(幼・保・小連携)

入学してから3週間の1年生。
1年生を迎える会で全校デビューしてから2週間。
2年生から6年生まで、毎日みんなが優しく接しています。
「学校は楽しい。早く学校に行きたいな。」と、毎日意欲をもって登校してくれることを願っています。
担任と生活指導補助者の先生で話し合いながら、安心できる環境やきめ細やかな指導に心がけています。
個人差が大きいので、入学前はどうだったか直接卒園した園長先生にお話を伺いに行くこともあります。
20180425-1 20180425-2
今朝は、近隣の保育園の園長先生が、登校時間に様子を見に来てくださいました。
「雨の中、気をつけて歩けたかな?」
「みんな元気に学校に通っているかな。」
20180425-3 20180425-4

今回の学習指導要領等の改訂により、保育園、幼稚園と小学校のみならず、中学校、高校とその先まで、幼児期の育ちをつなげていくことが一層重要であることが示されています。
また、「学習指導要領」と同じく、「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」、そして「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」も変わりました。今までと同様に子どもの発達にあわせた保育は必要ですが、それに加えて小学校入学以降を見据えた乳幼児期の発達の連続性が重視されています。
新学習指導要領でいう「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力、人間性等」の3つの資質能力は、乳幼児期から意識していくことになるのです。
おもしろい、不思議、きれいだな、何だろうといった心が動かされる体験や気付きを通して、意欲や好奇心が生まれ、試してみたり、やってみたり、工夫してみたりする行動につながっていきます。
幼児教育での豊かな体験はとても大切で、もしかしたら子供たちは、私たち小学校の教員が想定しているよりも、もっと高い力をもって入学してきているのかもしれません。

近隣の保育園・幼稚園の園長先生と相談して、6月に合同勉強会の計画を立てました。
保育園・幼稚園先生方と本校の教員と一緒に、1年生の授業を見て、子供の育ちについて学び合っていきたいと考えています。


お問い合わせ

町田市立町田第五小学校

〒194-0041 東京都町田市玉川学園4-14-7

電話番号:042-725-8178

ファックス番号:042-721-4678