• ホーム
  • 学校案内
  • 学校生活
  • お便り
  • 家庭・地域の皆様へ

ホーム > 学校生活 > 校長室だより > 2018年度 > 未来へ羽ばたく98名

更新日:2019年3月22日

ここから本文です。

 

未来へ羽ばたく98名

20190322-1 20190322-2 20190322-3

 卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
私は、みなさんのがんばりを2年間見てきました。
特に、最高学年として活躍したこの1年間は、みなさんのがんばりや、もっている力に驚くことがたくさんありました。一緒に思い出を振り返ってみましょう。

 まず、日光林間学校での『アート大会』
暗闇の中で感じた、宇宙との一体感や、大自然との一体感を表現した作品など、どれも「感性や創造性」にあふれる素敵な作品ばかりでした。
 次に、まちごエンョイ―ラーニング(総合的な学習の時間)での『大人への提案のプレゼン』
自分たちでテーマを発見して探究するという初めての本物の学びへの「挑戦」でした。圧巻のプレゼンでした。町田市長さんも見に来てくださいましたね。
 そして、初めての『プログラミング』
みなさんはあっという間にマスターしてしまいました。試行錯誤を繰り返し、自分たちの意図する動きになるように、チームで何度も考え直しましたね。「水まんじゅうロボ」オゾボットの光のパレードは、感動的でした。
 最後に、初めての『英語村体験』
東京グローバルゲートウエイでの、みなさんの楽しそうな表情が印象的でした。英語だけの中で、わからなくても物おじせずに、自分から進んで外国の人と「コミュニケーション」をとろうとする姿に感心しました。

 まだまだたくさん、みなさんの輝いた姿を見てきました。
時々、みなさんが授業で書いたスプレッドシートも見せてもらいました。みなさんが、友達との対話を通して、自分の考えをどんどん進化させていったことがよくわかりました。自分の考えは絶対ではないこと、人の見方はそれぞれ違うこと、異なる考えを取り入れるとさらに新しい見方ができることなど、とても大切なことを学びましたね。

 最後の国語と理科の授業では、自然についての自分の考えを広げたことにも感心しました。こんなすばらしい感想を持った人が何人もいました。
・生き物は自然環境と関わっているだけでなく、過去や未来という時間にもつながっている。だから未来につながる今の自分たちの役割は、生き物が暮らし続けられる環境を守ることだと思う。持続可能な地球をつなげたい。
・技術を進展させ、進化してきた生き物に学び、気象災害にも対応できる力を身に付けることが大切だと思う。
・AIがいくら発展しても限りある命を再生することはできないので、自分の大切な命を精一杯生きていきたい。

 さて、みなさんが活躍するこれからの時代は、超スマート社会と言われています。自動車の自動運転やドローンでの宅配、介護ロボットなど、AIやロボットの技術が、身近に感じる世の中になるでしょう。みなさんの中には、今はまだない、新しい仕事につく人もたくさんいると思います。
このような予測ができない新しい時代になるからこそ、みなさんが今まで身に付けてきた、「人間ならではの感性や創造性」、「挑戦力」を働かせ、いろいろな仲間と「コミュニケーション」をとりながら、未来を切り拓くことが大切になるのです。
小学校で学んできたこと、身に付けたことは、これからの人生で必ず生かせます。楽しみにしています。


 保護者の皆様、本日はお子様の御卒業、誠におめでとうございます。
義務教育の第1部が終わりました。これからお子様は自立して次の義務教育の後半の道を歩き始めます。引き続き、温かく見守っていただきますようお願いいたします。
今後は、地域の力として本校にお力をいただければ幸いです。
   
 ご来賓の皆様、地域の皆様、日頃から子供たちが大変にお世話になりありがとうございます。
日常の安全の見守りをはじめ、地域での体験活動や、子供たちの探究学習でインタビューや調査にご協力いただくなど、子供たちの成長に温かなご支援をいただいていることに感謝申し上げます。
今後ともお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。
   
 平成の最後に小学校を卒業されるみなさん、これからも自分から学び続けてください。
学ぶ楽しさは一生続きます。いろいろな考えを知り、どんどん成長していく自分を楽しんでください。
今、みなさんの後姿を見つめている5年生が、しっかり後に続いていきます。
町五小の先生方は、みなさんをいつまでも応援しています。

お問い合わせ

町田市立町田第五小学校

〒194-0041 東京都町田市玉川学園4-14-7

電話番号:042-725-8178

ファックス番号:042-721-4678