• ホーム
  • 学校案内
  • 学校生活
  • お便り
  • 家庭・地域の皆様へ

ホーム > 学校生活 > 校長室だより > 2018年度 > 避難所体験学習4(電気のない夜・布団のない寝床)

更新日:2018年10月15日

ここから本文です。

避難所体験学習4(電気のない夜・布団のない寝床)

19時になるとあたりは真っ暗です。
一斉に校舎の電気を消しました。いつもは明るい校舎内が全く別世界の暗闇になりました。
体育館から出発して、校舎の中を歩く暗闇体験の始まりです。
3階の教室からは夜景がきれいに見えましたが、この灯りが全て消えたらどんなに心細いだろうと感じました。
最初は怖がっていた子供たちですが、だんだんと暗闇に目が慣れて、全員無事に校内を歩いて外に出ました。
外は曇りなのでそんなに冷え込んでいません。三日月も星も見えなかったのが少し残念でした。

外で、グループごとに一本のろうそくの火を囲みます。しばらくじっと火を見つめる時間です。
「ろうそくの火を見るとなんだかほっとする・・・」そんな声が聞かれました。
5・6年生の担任が静かに語りました。
「5年生も、キャンプファイヤーで静かに火を見つめて考えたんだよ。」
「6年生も、全ての感覚を研ぎ澄ませて湖畔の暗闇を歩いて、たくさんの発見をしたんだよ。」
この夜の体験はこれからのいろいろな体験につながっていくことでしょう。
最後に線香花火を味わいました。
体育館に戻ると、夜食のビスケットをもらって、いよいよ寝床づくりです。
20181012-34 20181012-35 20181012-36


ビニールシートには、一人分のスペースが示されています。このシートは地域の方が作ってくださいました。
このシートの上に段ボールを敷き、各自が持ってきたタオルケット等にくるまります。防寒用に新聞紙も使います。
20181012-37 20181012-38 20181012-39

それぞれの寝床が完成した後、被災地の体験談を聞かせてもらいました。
東日本大震災で避難所生活を経験した斉藤さんのお話です。
お年寄りやたくさんの人たちが寒い体育館に集まったこと。なかなか配給が届かなくて空腹を我慢していたこと。トイレの水くみをみんなで協力したこと・・・
実際の避難所の話を聞いて、自分も負けずに一晩がんばろうと思った子供たちです。
全員が無事に体育館での夜を過ごすことができました。
20181012-40 20181012-41 20181012-42

お問い合わせ

町田市立町田第五小学校

〒194-0041 東京都町田市玉川学園4-14-7

電話番号:042-725-8178

ファックス番号:042-721-4678