教育目標

              山崎中が目指す教育
 たくましく心豊かで「生きる力」を身につけた生徒の育成を目指し、次の教育目標を定める
(1) 互いに認め、協力し合い、豊かな心を育てる
(2) 正しく考え、やりとげる強さを持つ
(3) 生命を尊重し、心と体を鍛える
1.基礎・基本の学力の定着化
  *習熟度別学習などの工夫
  *朝読書の推進
  *基礎基本の充実
2.学習内容の多様化・柔軟化
  *数学・英語における少人数指導授業
  *理科におけるティームティーチング授業
  
 数学 少人数授業

理科 ティームティーチング授業
3.生きる力の育成
  *身に付く「総合的な学習の時間」を目指し全学年での体験学習、調べ学習、IT機器活用、外部指導員の積極的導入など、内容の充実と展開の多様化を図る
4.心の教育の充実
  *道徳の時間の定着化と内容の充実
  *地域・保護者との連携
  *規範意識の育成
  *障害者理解教育の推進
 2年職場体験

 2年道徳(ゲストティーチャーを招いての授業)
5.地域・保護者との連携
  *保護者・地域をパートナーとした学校教育の共
    有化
  *地域・保護者への情報量の拡大と丁寧な説明
  *保護者との対話、会話の拡大
おやじの会 校地美化活動