教育方針


学校教育目標(実現したい生徒像)

1.自ら学び考えて行動する生徒
2.礼儀正しく思いやりのある生徒
3.心身ともに健康でたくましい生徒

中学校教育は義務教育の最終段階であり、卒業後には社会人としての様々な力を
身につけていなければならない。学校教育目標の追求をとおし、これを実現したい。


特別支援学級教育目標

1.基本的生活習慣を身につけさせ、生活の自立を図る
2.日常生活に必要な基礎学力を向上させる
3.相手を思いやり、協力し合う心情を育てる
4.健康な体をつくり、社会生活に必要な体力や気力を養う



基本理念

1.生徒や保護者の気持ちのわかる教職員である。同僚の気持ちがわかる教職員である。
2.少しずつ知識と経験を深め、指導能力・対応能力を高め、それを発揮できる教職員である。
 教職員間での意見交換ができ、仕事やアドバイスが的確に教えられる教職員である。





○ 「できる学力」としての基礎的・基本的な知識・技能の定着を徹底させるとともに、「わかる学力」としての思考力・判断力、表現力をバランスよく育成する。また、協同的探究学習など課題を解決するための学習指導の方法を工夫し、主体的に学ぶ意欲を育てる。
○ 総合的な学習の時間においては、学ぶ意義や目的意識を明確にするとともに、習得した知識・技能の活用を図るため体験的な学習を取り入れ、課題発見・解決能力を身に付けるとともに、探究的な学習の充実を図る。
○ 年間指導計画に基づき十分な授業時間を確保するとともに、学習活動の目標、評価規準及び評価基準を学校全体で理解し指導と評価の一体化を図る。
○ 学校全体における言語環境を整備するとともに、教科等における言語活動の充実を図る。
○ 人権尊重の教育を推進し、規範教育の充実と向上を図る。道徳教育は道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行う。また、教育相談活動を充実させ、外部機関との連携を図る。
○ 心身の健康に生徒が主体的に関わる力を育てるために、学校教育活動全体を通して、体育的活動を充実させ、食育を推進する。また、統一体力テストの実施を通して計画的・継続的に体力向上を図る。
○ 生活安全、交通安全、災害安全等の安全教育については、安全指導の全体計画及び年間指導計画に基づいて定期的に指導するとともに日常的な安全教育の指導を徹底する。
○ インクルーシブ教育システムの確立に向け、互いに学び合うため、特別支援学級と通常学級との交流・共同学習を促進する。
○ 環境教育を推進し、自然を尊重する態度や環境の保全に寄与する態度の育成を図る。
○ 地域の小学校と連携し、効果的な教育活動の展開を図る。町田っ子カリキュラムの実施と同時に、義務教育9年間の見通しのもと、学習・生活指導・地域防災の連携を深める。
○ 学校支援地域理事会により、学校支援ボランティアの活用および学校関係者評価を行う。学校評価の結果について公表及び報告を行い、学校の改善に生かす。




〒195−0072 
東京都町田市金井1−20−1

TEL 042−725−5002     
FAX 042−721−4453