沿革

 

昭和22年4月17日
鶴川村議会において設立を決議、校名を「東京都南多摩郡鶴川村立鶴川中学校」の届を行なう。
昭和22年5月3日
開校式挙行(鶴川小学校校舎7教室を仮校舎とする。)
昭和23年7月18日
新校舎の落成式を行なう。
昭和25年6月8日
第2代校長に久保田佐市補職発令される。
昭和32年3月31日
第3代校長に荻野省二補職発令される。
昭和32年10月11日
創立10周年記念式典を挙行する。
昭和33年2月1日
町田市制施行され、校名を「東京都町田市立鶴川中学校」と変更する。
昭和37年3月31日
第4代校長に大蔵清補職発令される。
昭和41年3月31日
第5代校長に伊藤芳郎補職発令される。
昭和42年10月14日
創立20周年記念式典を挙行する。
昭和46年4月1日
第6代校長に内山貞次補職発令される。
学区変更、薬師中開校。
昭和46年10月6日
校歌を制定し、発表会を行なう。
昭和48年4月
学区変更、鶴川二中開校。
昭和49年4月1日
第7代校長に井上聰補職発令される。
昭和50年4月1日
心身障害学級を新たに設置。
昭和52年4月1日
第8代校長に吉江和司補職発令される。
昭和52年11月11日
創立30周年記念式典を挙行する。
昭和55年3月31日
学区域変更のため、新設真光寺中学校へ348名転校。
昭和56年4月1日
第9代校長に中溝正治補職発令される。
昭和56年10月27日
東京都より健康努力校、学校保健優良校として表彰される。
昭和59年4月1日
第10代校長に渡邊吉彦補職発令される。
昭和62年11月28日
創立40周年記念式典を挙行する。
昭和63年4月1日
第11代校長に渡邉門實補職発令される。
平成5年4月1日
第12代校長に黒江實親補職発令される。
平成9年4月1日
第13代校長に平田紘一補職発令される。
平成年9年10月18日
創立50周年記念式典を挙行する。校旗寄贈される。
平成13年4月1日
第14代校長 新田利子 着任
平成14年1月30日
新校舎落成式
平成14年4月1日
新校舎に移転する
平成18年4月1日
第15代校長 堀田松三 着任
平成23年4月1日
第16代校長 花田英樹 着任
平成26年4月1日
第17代校長 岩田敏行 着任
 

 

ページのTOPへ