本文へスキップ
充実した中学校生活をめざす躍進忠生中
   

TADAO NOW May, 2015


体育大会 30 May, 2015
体育大会が無事終了しました。簡単に一日を振り返ってみます。

【午前の部】
    
決戦の日
 
ラジオ体操
 
100m走
 

 
女子1000m
 
男子1500m
 
二人三脚
 
1年全員リレー
 

 
3年ジャイアントオオムカデ
 

 
2年全員リレー
 

 
女子400m・男子400m・男子800m
 

 

 

 


【午後の部】
 

 

 

 

 

 

 
綱引き                       松元先生も頑張ってます!
 

 
1年台風の目
 

 
3年全員リレー
  

 

 

 
2年いかだ流し(天竺への道)
 

 
女子色別リレー
 

 
男子色別リレー
 

 
閉会式                       成績発表
 

 
校歌斉唱
 
                          生徒会長のことば
 
実行委員のみなさん、お疲れ様!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

3年生国語 29 May, 2015
  月----古来より多くの日本人に愛されてきた天体です。また、アポロの到達以降、月には人工物や古代都市、様々なオーパーツ(場違いで、絶対にあり得ない出土品や加工品)があるなどとも言われ続けてきました。そもそも地球の衛星としては大きすぎるとか、私達には絶対に見せない月の裏側の世界は見なれた表の世界とは全く違う、人工的に地震を起こしたら3時間以上も振動が続いたなど、この時代になっても不思議な存在でもあります。

 「空を見上げればあたりまえのように浮かんでいる月」で始まる『月の起源を探る』。3年生では、小久保英一郎さんという理論天文学者の説明文を読んでいます。「月の組成や構造が明らかになればなるほど、その起源についての謎は深まるばかりだ」と小久保さんは述べています。今回は、3年5組におじゃましました。担当は西室先生です。
 
まずは、今週の漢字テスト。
 
                          20点満点のテストです。
 
18点以上は合格です。じゃあ、合格の人?
 
語句の意味調べに、電子辞書を使っている人もいますね。
 
 筆者の小久保さん自身、「月は不思議な衛星」だと述べています。では月のどこが「特異な天体」なのでしょう?皆は、教科書を見ながら、ノートにまとめていきます。指名されたある生徒は、「惑星(地球)に対する質量比が非常に大きい」と答えました。なるほど、良さそうですが、西室先生は納得しません。「私は皆になんて聞いたか覚えてる?『特異な点は何でしょう』と言ったの。だから、「~な点」と対応させて答えるのよ」と西室先生は話します。
 
 昔から、人々は「月の起源」を説明しようとしてきました。小久保さんはその仮説を3つ紹介しています。地球からちぎれて生まれた「分裂説」。はじめから惑星と衛星の関係であった「共成長説」。他の場所にあった月を重力の力で捉えた「捕獲説」です。現代では、これらの説はすべて否定されています。
 次回、これら3つがどのような説なのかまとめた上で、では本当はどうして月が生まれたのか、月を作り出す実験について読み込んでいきます。えっ?月って実験で作れるの?ますます不思議な天体です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

舞台裏 27 May, 2015
 朝から暑い一日でした。今日は予行練習。体育大会に向けて、各競技の最終確認を行いました。今回はちょっぴり舞台裏のみなさんをのぞいてみましょう。
 

 
開会宣言
 
開会宣言直後、ファンファーレ。曲はあの「東京オリンピックファンファーレ Fanfare of the Tokyo Games」。
 
見事な入場行進。
 
実行委員長挨拶                   競技上の注意
 
選手宣誓                      プログラム1番 ラジオ体操。
 

 

 

 
監察と決勝審判。黒いビブスの生徒は、到着順位ごとに生徒を並べます。
 
召集誘導係
 

 
監察係 監察業務がきちんと行われているかチェック(目つきが厳し~い?まぶしいだけです。)  放送係
 
                         「二人三脚に出場する生徒は至急集まってくださ~い!」
 
                          監察。問題なく走れていれば白旗があがります。
 
本部から召集や決勝審判の係へどんどん指示が飛んでいきます。
 
記録係。持ち込まれた結果を集計。計算違いはNGなので緊張します。  その結果が、得点板に掲示されます。
 

 
用具係 各競技に必要な用具一式を取り扱っています。 必要な用具が担当に回されて...↓
 
そして競技が始まるのです。
 
気合いの入るかけ声は大事だね。
 
位置について。ヨ~イ...。              いきなり私を撃たないで下さい。 

 
閉会式                       ザッザッザッと足並みが揃っていますね。
 
いろんな係の支えがあって、はじめて競技が成立するんですね。体育大会当日も、しっかりお願いします。
 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

朝練風景 20 May, 2015
 体育大会に向けて、毎日朝練に励んでいます。上級生は、自分のクラスだけでなく、1年生の面倒も見ています。縄を回したり、かけ声をかけたりお手伝いの仕方は様々ですが、おかげで先週1週間で上達した1年生が増えてきました。残りわずかですが、気持ちを合わせていきましょう!
 
2年生「天竺への道」                3年生
 
2年生                       1年生
 

 
1年生                       3年生ジャイアントオオムカデ
 
大丈夫。足並みがそろえられるようになるまで、まだまだ時間はあります。
 
だんだん調子が出てきましたね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

特別支援学級交流会 19 May, 2015
 町田市内の特別支援学級設置校10校と町田の丘学園の交流会は年に3回もたれます。今回は、山崎中学校の体育館をお借りして、交流を深めました。参加者は約240名。各校の学校紹介、歌やダンスでの交流などとても楽しく過ごしました。
学校紹介では、ソーラン節、エイサー、校歌紹介など独自の工夫がしてあります。

忠生中学校は、笛と歌で「エーデルワイス」を披露しました。
 
みんなで「ビリーブ」を歌ったあとは、町田の丘学園の先生の指導でダンス「タタロチカ」。ロシアのフォークダンスです。東洋的な手の動きと、スラブ的な激しい足さばきとが織り込まれている踊りだと形容されます。
 

 
途中で何度か出てくる「ヤクシ~!」というかけ声は、「最高!」という意味だそうです。
 
歓喜の叫び「ハラショー」は「素晴らしい、ブラボー」という意味。
 

 
最後は全員合唱で「世界に一つだけの花」。どこの学校も盛り上がっていましたね。
 

 

 
楽しかったかな?

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

体育大会の練習始まる 18 May, 2015
来週末に体育大会を予定しています。今日から2週間、集中して練習に取り組みます。
 
今日は、全校練習の第1回目。松永先生から、スローガンについてのお話を受けた後、実行委員長のことば。
 
実行委員長と、実行委員の自己紹介が行われました。
 

 
さあ、練習開始です。
 
足並みそろえて、縦横そろえて行進練習。
 

 
                          4階から見ると、きれいに揃っているのが分かります。
 
ラジオ体操がなぜ演技種目なのかわかりますね。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

松元先生、さようなら 11 May, 2015   
 異動された学校の行事の関係で離任式に出席できなかった松元先生が、月曜日の朝礼にいらっしゃいました。以下、一部ですが、松元先生のことばを載せておきます。
 
 私がこの学校に初めて赴任した時は、落ち着きのない学校でした。でも諸先輩達の苦労のおかげで、今はとてもいい学校になっています。本当にいい学校なんですよ。卒業や異動など学校を出て行くと、それがよくわかります。今、一瞬一瞬を大切にして、卒業時に「いい学校だったなあ」と思えるよう頑張ってください。お家に帰ったら、お兄さん、お姉さんや保護者の方々に、松元がよろしくと話していたと伝えてください。それでは、みなさん。さようなら。
 
以下は、2年生とのお別れ会です。
 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

花壇コンクール 優良賞受賞! 7 May, 2015
 「春の花壇コンクール」で、忠生中の花壇が『優良賞』を受賞しました。
花壇コンクールの賞は最優秀賞~努力賞まで4種類あります。今回は、町田市役所公園緑地課の方や下小山田苗圃管理組合の方などが先月の上旬に現地調査を実施、4月21日の本審査会で各賞を決定しました。花壇のデザインや草花の生育状態、手入れの状況、地域への貢献度などが審査の観点になるのだそうです。
 学校の花壇づくりに一生懸命汗を流して頂いたみなさん、本当にありがとうございました。
 

 

 

 

 

 


今月の忠生中