校章の趣意

  たくましく素朴で清純な美しさをもつ”野菊”を図案化したもの、中心の”堺中”は、旧校章をのこし卒業生とのつながりを表す。
 二枚の葉は小山、相原を意味し、あたたかくほうようし、中の花びらは四囲への発展と内の団結をあらわす

 

ページのTOPへ