Goodbye 2016 28 December, 2016
今年最後の日です。一日静かな学校でした。


 
12月28日も静かに暮れていきます。
         
穏やかな年の瀬です。
来年も宜しくお願いします。それでは皆さん、良いお年を。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

Christmas Concert 20 December, 2016
 「演奏会」のことを英語ではconcertといいます。このconcertという語には「(目的や気持ちの)一致、調和」とか「(同じ考えを持つ人同士の)提携、協調」等という意味もあります。わかりやすく言えば「他の人と、ともに気持ちをあわせて活動すること」といったところでしょう。演奏会は「演奏者と観客とで創りあげるものだ」と表現されることがあります。concertはまさにそのことを意味しています。どちらひとつがかけていてもダメ。演奏する人とそれを聴く人達みんなで場を創りあげていくものです。
 今日は合唱部のクリスマスコンサート。9曲を歌ってくれました。
 

 

 

 

 

 

 

 
曲目はすべて、本校合唱部から贈られたプレゼント。学期末の午後のひとときを、ゆったりと過ごすことができました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

1年生数学 19 December, 2016
 現在、1年生の数学では図形の移動について学んでいます。移動には、平行移動、回転移動、対称移動があり、ふたつの図形の関係を調べながら、図形の考え方自体を豊かにしていきます。
 授業では、平面図形の対称性に着目することで、見通しを持って作図し、作図方法を別の場面で活用しながら、直感的・論理的な考察能力を養っていきます。今日は1年F組におじゃましました。担当は高橋先生です。
 
宿題の回転移動。オレンジ色の三角形を、ある一点を中心に回転しながら動かすとどこに移動するか考える問題です。例えば、「真ん中の交点を点を中心に回転させれば、2,3,4,5,6に移動できる」という具合です。では、男の子の示している点を中心に回転すると、オレンジの三角形はどこに移動できるでしょうか?
  
今度は、赤い線分を中心に左右対称になるように移動すると、オレンジの三角形は6に移動します。これが対称移動。このときの赤い線分を「対称の軸」といいます。
 
線対称の問題に取り組みます。
 

 

 
線対称の図形には「対称の軸」があり、対称の軸は対応する点の結ぶ線分と垂直に交わったり、対応する点を結ぶ線分を2等分したりする特徴があります。
 

 
最後はクイズです。それぞれのパーツを使って線対称図形を作ってみましょう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

さくら学級 学習発表会 19 December, 2016
 さくら学級では、授業参観時に学習発表会を行いました。今回の演目は、第一部が音楽発表、第二部が演劇です。
 

 
合奏は『星に願いを』をハンドベルで演奏しました。美しい音色で、優しい気持ちになれます。
 
合唱では『風になりたい』を歌いました。とてもノリのいい曲で楽しく聴くことができました。
 

 
続いて演劇。『モモタローズ』という劇で、みんなの知っている『桃太郎』とは少し話の展開が異なります。
 
桃太郎、桃二郎、桃三郎の3人がモモタローズの「ズ」の意味か?
 
小鬼ブラザースの「活躍」は見事でした。さて、3人のモモタローズには、モンキーズ、パワフルドックズ、ことりシスターズの味方がいます。さらに「かぐや」という名の美しい姫、その護衛、そしておじいさんとおばあさんが登場します。実はこれら併せて「モモタローズ」だったのです。
 
おじいさんが鬼ヶ島の親分だった?!鬼を成敗したモモタローズは、結局彼らを許すことにしました。
 
ところがどんでん返し。小鬼達はいつまでもいたずらを続けるのでしょうね。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

東京駅伝結団式 17 December, 2016
 東京都教育委員会では、毎年、区市町村対抗の中学生東京駅伝大会を開催しています。今年度は、平成29年2月5日(日)に味の素スタジアム・都立武蔵野の森公園特設周回コースを使って行います。男子は42.195㎞を17人で、女子は30㎞を16人で襷(たすき)をつないで走ります。
 東京駅伝大会は、今回が8回目。町田市は第1回、第4回が優勝、第7回の昨年は3位と常に優勝争いをしています。
(第2回と第5回は震災と大雪の影響で中止でしたので、事実上今回が6回目となります。)
 
今日は結団式。町田の精鋭42名(男女とも21名ずつ)が一堂に会し、激励をもらいました。
  
堺中の代表者をみんなで応援しましょう!

-------------------------------------------------------------------------------------------------

避難訓練 13 December, 2016
 今回は大地震がテーマで、「抜き打ち」の避難訓練でした。「抜き打ち」といっても、一日の中のどこで行われるか想像がついた人もいたでしょう。生徒は思い思いの所にいて、それぞれの場で身を守ります。放送で指示が出たら、一斉に「いぶきの庭」前に集合。かなり機敏に行動することができましたね。
 

 
前回の3.11の時は、停電のため放送ができませんでした。大きな地震が起きると、再び停電する可能性はあります。そんな時はどう避難すればいいと思いますか?
 
副校長先生の講話を聞いて教室に戻ります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

1年生百人一首 9 December, 2016
 授業中、廊下を歩いていると賑やかな声が教室の中からこぼれてきます。何だろうと、のぞいてみると国語の時間に百人一首をしていました。急遽、1年C組におじゃましました。
 「百人一首」とは、天皇、貴族、僧侶など100人の歌人の歌をひとつずつ選んだものです。平安時代には、このように100人の歌を選ぶことは盛んに行われていたようですが、とりわけ有名なのが「小倉百人一首」。平安時代から鎌倉時代を生きた公家の藤原定家(ふじわらのさだいえ)という人が選んだものです。
 

 

 

 

 

 

 

 
私は、「秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出ずる月の 影のさやけさ」が好きです。
さて、皆さんはどの歌が一番好きですか? 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

2年生数学 8 December, 2016
 2年生の数学では、三角形と四角形を取り上げて図形の証明を行っています。小学校の時に、二等辺三角形は「ふたつの角(底角)が等しい」とか「ふたつの辺が等しい」という事を勉強してきましたが、その逆は成り立つのでしょうか?例えば、「クジラはほ乳類である」という言い方は正しいですが、逆に「ほ乳類はクジラである」という言い方は正しくありません。
同じように、「ふたつの角が等しいならば、それは二等辺三角形である」という言い方は成り立つのでしょうか?今日は2年D組の数学の時間におじゃましました。担当は向所先生です。
 
「△ABCにおいて、∠B=∠CならばAB=ACであることを証明しよう」が今日のテーマ。
 
わかっていることは「∠B=∠C」ということだけです。今までの知識や経験を使ってどうといていきましょうか?
 
思考錯誤が続く中、向所先生は、「前回、何本下線を加えたけど、それは使えないだろうか」と補助線についてヒントを出しました。補助線とは、その図形には描かれてないけれど、それがあると考え方が便利になる線のことです。
 
ピンとくる人、過去のノートから使える知識をまとめる人、さまざま。いい目をしています。∠Aの二等分線を引き、BCとの交点をDとしました。これが補助線。すると∠BAD=∠CAD、ADは共通な線分、という2つの条件が増えました。でもそれではまだ足りない。AB=ACという二等辺三角形になるためには、△ABD≡△ACDとならなければなりません。
 
∠ADB=∠ADCとなると「一辺と両端の角が等しい」といえるのに…。その時、「わかった!」という声があがりました。
 
数学は頭を使うけれど、「!」というときがありませんか。これが出てくるためには過去の知識の活用とドリルが必要かもしれません。でも「!」が出る瞬間はドキドキする瞬間でもあります。やめられなくなります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

3年生書写 2 December, 2016
 師走になりました。季節はどんどん進んでいきますね。3年生も来月から本格的に入試が始まります。何かと気ぜわしい年の瀬ですが、そんな時にこそ心を落ち着けて書写の世界に身を置くことは十分意味があることだと思います。今日は3年C組におじゃましました。
 
今回は楷書で「理想の追求」、行書で「創造の精神」を書いています。
 
ここではグループごとに活動しています。
 
「止め」「はね」「払い」など一文字一文字じっくり研究しています。
 
行書は、中学校で初めて学ぶことになっています。社会生活に役立つ書写の能力を養うため、速く書く能力が求められます。漢字は一般的には、直線で書かれますが、行書になるとこれが丸みを帯びたり、止めや払いの形が変わったり、連続または省略されて書くなど一定のルールがあります。行書は楷書より速く書くことができる書体ですが、速く書くルールを身につけなければなりません。
 

 
                                  なかなか素敵な文字になりそうです。
 
「しんにょう(しんにゅう)」の二画目は確かに難しいですね。
 




  <こちらもどうぞ>
     今月のSakai Now
        2016年度 11月
        2016年度 10月
        2016年度 9月
        2016年度 8月
        2016年度 7月
        2016年度 6月
        2016年度 5月

        運動会
        修学旅行
        合唱コンクール

  ※F5キーを押すと閲覧中のページ
   が更新されます。本ページが最新
   のものか確認したい場合に御活用
   下さい。