小山田中学校 校章について
  
 
昭和59年6月25日制定
<校章デザインの特徴>
 文字     金色
 桜      銀色
 文字の中  黄緑色
 文字の外  白色
 <図案>
初年度1年1組生徒 中山珠里さん
同2年2組生徒祖父 田中時治さん
の二人の図案を折衷し、
当時の本校美術科 高島昇教諭がデザインした
 小山田桜台の地名にあやかり、桜に囲まれ自然に恵まれた中学校を表す。 
中央にあるマークは「小」「山」「田」「中」のそれぞれの文字を表しています。桜台の地名により、周りを桜の花をかたどって図案化し、天に向かって教育の「知」「徳」「体」が、限りなく成長するようにとの願いが込められています。
    小     山     田  中