ゆくのき学園TOP > お知らせ

 お知らせ
※ゆくのき学園共通お知らせ※
電話応対における音声案内の開始について

日頃から町田市の教育活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
教育委員会では、長時間勤務となっている教員の時間外勤務を削減し、授業準備等に集中することができる体制を整備して教育の質を高めるために、教員の働き方改革(注)を進めています。
その一環として、2019年度から授業日の夕方以降及び土日・祝日等において電話機に音声案内を設定することにいたしました。
音声案内の運用方法は下記のとおりといたしますので、学校への電話連絡については、音声案内の時間帯以外にご連絡いただきますようお願いします。



1 運用開始日
 2019年4月1日(月) 放課後から

2 音声案内の開始・終了時間

授業日
(平日以外に学校公開や行事等を行う日を含む) 開始時間帯 午後4時45分〜午後7時の間に音声案内を開始
                              終了時間帯 午前7時30分〜午前8時15分の間に音声案内を終了

授業日以外の日
※長期休業期間除く(例:土・日・祝日・振替休業日・学校閉庁日) 終日音声案内での対応になります。
長期休業期間
(例:夏休み) 開始時刻 午後4時45分
        終了時刻 午前8時15分
※教員の勤務時間は午前8時15分から午後4時45分までとなっていることから、授業日の各日における定時退勤日の 設定や研修の実施、教員の業務の状況などによって、開始時間帯(終了時間帯)の範囲内において音声案内を開始( 終了)します。
※音声案内へ切り替えた時刻以降でも、緊急の場合には学校から保護者の皆さまへご連絡をする場合があります。

3 緊急時の対応
 音声案内対応時間帯において、子どもの生命に関わるような緊急対応を要する事件・事故が発生した場合には、警察(電話番号110)、消防・救急(電話番号119)へご連絡ください。

(注)教員の働き方改革がなぜ必要なのか
児童・生徒を取り巻く状況や社会から学校に対する要望・期待が多様化・複雑化する中で、教員の多忙化が社会問題となっています。町田市においても、いわゆる「過労死ライン」とされる1カ月あたり時間外勤務時間が80時間を超える教員が約4人に1人(24.3%:2018年度調査)となるなど、教育活動の質に関わる重大な課題となっています。教員が長時間勤務となる理由についてこのお知らせの裏面でご紹介していますので、教員の働き方改革へのご理解とご協力をお願いします。





車の乗り入れについて

最近敷地内においてスピードを出して走行する車があり、交通事故直前のヒヤリとさせられることが度々報告されています。

また、地域からも車による子供の送迎について、ルールを明確にすべきとの苦言もいただいております。学校管理者として、子

供の安全を確保するためのルールを明確にし、周知・徹底いたします。下記の通り、皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

1 原則として、ご遠慮ください

ゆくのき学園正門(ゆくのき門)から内側は公道ではなく、ゆくのき学園の敷地です。児童・生徒の登下校の時間を含め教育活

動を行っている時間帯は、児童・生徒の安全確保のため、原則として車の乗り入れはご遠慮ください

2 「開けたら、閉める」の徹底
やむを得ず車両を学校敷地内に乗り入れる場合は、児童・生徒の安全確保(不審者対応・車の乗り入れによる交通事故の防

止)のため、ゆくのき門を開けた場合は、必ず閉めるようにお願いします。

3 最徐行運転(時速10km未満)
ゆくのき学園第1校舎の児童・生徒通用門の前には横断歩道があり、第1校舎から第2校舎へ児童・生徒が移動のため利用し

ます。理由があって校地内に乗り入れる場合は、必ず一時停止を行い、安全確認をしてください。

4 運動会や学習発表会など学校行事の際は
事前に連絡帳等で車を利用する理由をお知らせください。駐車許可証を発行します。駐車許可証は、外から見えるようにダッシ

ュボード等に提示し、指定された駐車スペースを利用してください。許可証をお持ちでない車の乗り入れを禁止します。

5 特別な理由により、恒常的、定期的に車両を乗り入れる必要のある場合はご相談ください。許可した際には、許可書を発行いたします。

6 学校敷地内での交通事故は、保険会社により保険が適用されない場合があります。


学校欠席者情報収集システム

国立感染症研究所感染症情報センターは、「学校」「校医」「教育委員会」「保健所」などが、感染症対策の記録・連携・

早期探知を目的に、インターネットを利用したシステムを開発しました。

学校は、集団で生活する場であるため、感染が拡がりやすい状況にあり、その被害を最小限に抑えることが求められ

ます。感染症を予防する体制を整備し、日常から対策を実施し、発生時には感染の拡大防止のための迅速で適切な対

応が必要です。適切な対応がなされるよう学校医や医療・保健機関等の協力を得て感染症対策を推進することが重要

です。

11月下旬より運用を開始します。入力対象の症状は、発熱、頭痛、急性呼吸器症状(くしゃみ・鼻水・鼻づまり)

下痢、嘔吐、発疹、インフルエンザ様症状等です。電話での欠席連絡の際は、今までより少し詳しく症状を確認しま

す。連絡帳・生徒手帳にも具体的な症状を書いていただくことになります。                  

今後とも学校内の感染症対策にご協力どうぞよろしくお願いいたします。


   






※大戸小学校お知らせ※
※武蔵岡中学校お知らせ