地域の方々と

金井の獅子舞

金井の獅子舞は、雨乞いの獅子舞であり、龍のおもりをする河童と雄獅子が二頭、雌獅子が一頭で舞い、
例年八幡神社の祭礼に奉納されます。
舞うときに、足を”T”字形に踏む独特のカタがあり、近郷近在で最も整った獅子舞として、
昭和38年(1963年)町田市の無形文化財第一号に指定されました。
第27回文化祭で、金井獅子舞保存会の方々に”金井の獅子舞”を紹介していただきました。

金井の獅子舞の資料(PDFファイル)下記をクリックし、ご覧下さい。
金井の獅子舞の由来

金井の獅子舞ホームページ(外部サイトになります。新しい窓が開きます。)
下記タイトルをクリックし、ご覧ください。
金井の獅子舞ホームページ