校歌と校章

 

校歌について

町田市立鶴間小学校 校歌

作詞 中山 知子
作曲 荒谷 俊治

 


つくばねよりも 富士よりも
豊かな緑 丹沢の
山なみ近く 守られて
のびのび育つ 若木たち
鶴の子 鶴の子 鶴間の子
さわやかな泉よ 鶴間小学校

 


るり色の空 雲のかげ
野の花たちは 踏まれても
また 咲きかおる やさしさを
たたえて ひかれ 境川
鶴の子 鶴の子 鶴間の子
さわやかな泉よ 鶴間小学校

 


まぶしく照らす 陽を受けて
すなおにめぐる ひまわりは
力と知恵の 旗じるし
かかげてうたおう あこがれを
鶴の子 鶴の子 鶴間の子
さわやかな泉よ 鶴間小学校

 

ひとこと

校歌の1番~3番の出だしをつなげると「つるま」になります。古くから受けつがれている「鶴の舞」より「鶴の子」ということばを取り入れました。

 

校章について

鶴間小学校の校章

昭和52年5月25日制定
デザイン 松 与松

 

鶴間の地域性を表し、本校の開校当時の教育目標と関連づけて図案化するように考え、今の校章が完成しました。
図案として選ばれたのは、「鶴」と「ひまわり」でした。
「鶴」は、鶴間の地名からとり、「ひまわり」は、当時、地域の花として育てられていたからです。

 

<本校の教育目標と校章>

  • 元気な子ども・・・太陽に向かってのびていく姿(ひまわり)
  • 思いやりのある子ども・・・和の精神に基づき円とした。
  • やりとげる子ども・・・実を結ぶまで、根気強くやりとげる。

開校当時のこの3項目の教育目標をそれぞれ関連づけました。なお、現在は、「自ら考え、努力する子ども」「思いやりのある子ども」「体を大切にする子ども」になっています。

 

<地域性と校章>

  • 地域の花・・・ひまわり・・・花弁14枚は、開校当時の学級数をあらわしています。
  • 鶴間・・・つる・・・鶴の顔が図案の中心なのは、鶴の「巣ごもり」を表しています。