学校長あいさつ
 
            「未来創造」の平成30年度 −文部科学省研究開発学校−

                                                 校長 後藤良秀

町田市立鶴川第二小学校は、平成27年度よりスタートした「未来創造」への挑戦4年目となります。
その基底となる学校づくりの基本方針「よく、たくましい心と体」「ールを守り、安全に生活する力」
んじ、考え、表現し、豊かに学ぶ力」「を大切にし、共に学ぶ力」「んたい強く、やりぬく力」の
「つるかわに」の教育活動を着実に進めてまいります。
 
  研究主題「論理的思考力・メタ認知力・適応的学習力の育成を目指した教育課程の創造
           〜新教科「21世紀スキル科」の開発〜」


 これは、次期学習指導要領(全国の学校がカリキュラム編成する際の基準)の内容を研究開発するもので、
鶴二小ではこれからの「21世紀型能力」の中核となる思考力の育成を目指した「21世紀スキル科」という
新教科の開発に取り組んでいます。また、この教科は、「Yes,I can!(自分でやれる)」 
「Yes, we can!(みんなでやれる)」 のキャッチコピーで、主体性と協調性という人間形成力の
育成もめざしています。
保護者や地域の皆様、関係の皆様には、この鶴二小の「未来創造」への挑戦を応援してくださるようお願いいたします。
平成31年2月15日には、研究発表会を開催し、未来への学びの姿をごらんいただきたいと思います。

 本年度も教職員が一丸となって鶴二小の子供たちの知力、心、体力を豊かでバランスあるものにするよう
教育活動に取り組んでまいりますのでご理解とご支援をよろしくお願いいたします