10月2日 4年アイマスク体験

4年生は福祉体験の一環でアイマスク体験をしました。
体験の前に、身近にある点字ブロックの形には「止まれ」や「進め」の意味があることを教えてもらいました。
また、目が不自由な方は白杖と呼ばれる杖を持たないと外に出かけてはいけないことも知りました。
アイマスク体験は、アイマスクの人と介助者で学校を回りました。
アイマスクをして歩くことに最初は不安を感じていましたが、介助者が常に声をかけ、安心させようとしていました。
障害物がある教室を通る場合は、縦になってぶつからないように歩いていました。
   階段を降りる際は、手で手すりを掴ませたり、「あと何段で階段終わりだよ」と声をかけたりと安全に気をつけて降りることができました。
  アイマスクをすることで目の不自由な方の気持ちを知ることができ、そのような方への配慮の仕方を学ぶことができました。