10月16日 4年手話体験

4年生が手話体験をしました。
耳の不自由な方がお二人と、手話ボランティアの方4名でお話をしてくださいました。
   実際に困ることやそのための道具の話などを手話と言葉で説明してくださいました。
目覚まし時計は、枕の下に置いて振動で起こしてくれるものだそうです。
   手話以外でのコミュニケーションの方法も教えてくださいました。
   実際に身振りや空書、口話で伝言ゲームを行いました。
  普段では簡単に伝えることができる単語でも、うまく伝えることができず悪戦苦闘していました。 
   手話では簡単な挨拶を教えていただきました。
耳の不自由な方に対する対応の仕方についても詳しく教えていただきました。