9月13日 4年 点字体験

今日は、町田市点訳赤十字奉仕団の方をお呼びして、
4年生が総合的な学習の一環として、点字体験を行いました。
事前にいただいていた点字表を見ながら、点字の組立について教えていただきました。
点訳された本も触れさせていただきました。1冊の単行本を点訳すると、
厚み5センチ以上の点字の本が3冊にもなるそうです。
身近なところに点字は増えていますが、実際に本になっているものを見るのは初めてで、
子供たちも驚いていました。
 
 次は、点字の組立について、詳しく説明していただきました。
「あ、い、う、え、お」をもとに、ほかの言葉が作られていることを学びました。
 
 次に、さっそく点字を打ちます。
点字板に厚手の紙を挟んで、点筆で点を打っていきます。
力の加減が難しく、穴をあけてしまいそうになりながら、練習しました。
 
  みんな、集中して取り組みました。
何度か練習していくうちに上達し、
最後には点字表を見ながら、自分の名前を打つことができました。

これからさらに福祉について、学んでいきます。