2016年度いじめ防止基本方針
2016年度学校経営方針
 平成29年度は、新1年生91名を迎え、通常学級19学級、総児童数626名、コミュニケーション学級56名でスタートしました。今年度も教職員の異動があり、成P台小の雰囲気も一新しました。
 さて、2020年度から新しい学習指導要領が全面実施となります。“特別の教科道徳”が始まり、小学校では外国語(英語)が教科化されます。加えて、その年度に大学入試も様変わりするなど今までない大幅な変更となります。学校は、“社会に開かれた教育課程”を編成しつつ、子供たちが“何ができるようになるのか”(育成すべき資質や能力)、“何を学ぶのか“(指導内容)、また“どのように学ぶのか”(指導技術)の具体的な工夫改善が求められています。そして、学校は社会の変化を柔軟に受け止め、学校・地域がより連携した教育を推進しなければなりません。
 子供たちが学校を終え、社会に出たときに待っているのは“アクティブ”に行動し、学び続ける環境です。そのため、小学校にいる間に少しでもそのトレーニングをしておく必要があります。さらに、課題を見つけ、それを解決するために必要な思考力・判断力・表現力等の力も身につけさせなければなりません。そのため、本校では今年度も、“よく考え、行動する子”の育成を重点目標とし、教職員一丸となって町田市教育プランの実現を目指します。
(詳細は、2017年度学校経営方針をご覧ください。)

《学力向上》
協同的探究学習の実践、“台小スタンダード”の習慣化、
“家庭学習の手引き”活用推進、校内研究(算数)

《体力向上》
体育朝会(集会)の充実、小中連合運動会、フロンティア校2年目、外遊びの奨励運動週間の充実

《安心安全》
重大事故ゼロ目標、学校防災機能強化、インターネットトラブル回避研修、    防犯カメラ作動開始等

《地域協働の学校づくり》
地域協働の体験学習、小中合同引き取り訓練、総合防災訓練,
地区委員会主催行事への参加

今年度も学校の状況を日々積極的に発信し、児童・保護者・地域と共に歩む成瀬台小学校にしてまいります。今後とも皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。


校長室より