三輪小学校からのおしらせ
   三輪小学校は昭和57年(1982年)に市内42校目の学校として開校しました。四季の草花に彩られた美しい自然に囲まれ、4000年以上の昔より人々が居住していたという歴史ある地に位置しています。
三輪小学校の前身は、明治6年(1873年)の研精学舎までさかのぼることができます。その後、第五鶴川尋常小学校、鶴川尋常高等小学校第二分教場、三輪分校を経て、鶴川第二小学校の開校に伴い、一時、廃校となりましたが、地域の熱い願いがかない、かつての地に現在の三輪小学校が開校いたしました。
本校では、地域・保護者の皆様と手を取り合い、開校以来からの合言葉である「みんななかよし三輪の仲間」を大切に、様々な教育活動を行っています。
 


 校舎の屋上から北東方面を望む
学校生活の様子 
New


三輪小学校体罰ゼロ宣言