わかば学級

本校には、固定制の特別支援学級(知的障がい)である「わかば学級」が併設されています。

わかば学級の教育目標

 

1.児童一人一人の障がいの実態をもとに、生活の自立に必要な基礎的知識や技能を身に付け、積極的に社会参加できるようにする。

 ・自分のことは自分でする子(自主自立の能力)
 ・友だちと仲良くする子(適応能力の伸長)
 ・力いっぱい体を動かす子(体力の向上)

2.特別支援学級の児童・通常の学級の児童が、共に生活することにより、たがいに学び育ちあい、ひとつの社会を営んでいくあり方を体得できる教育を推進する。

 

指導の形態

 特別支援学級における個別指導、小集団学習を充実させ、さらに交流教育を進める中で、諸能力の向上と定着をめざす。

 そこで、
  ・同じような障がいをもつ小集団の仲間と学ぶ場、
  ・一人一人の発達段階に応じて学習する場、
  ・同年代の大きな集団の中で学ぶ場
 を設定する。

1.個々の発達段階に応じた指導

 ・一人一人の実態に応じた個別指導計画を学期の初めに作成し、個に応じた指導の充実をはかる。学期の終わりには到達点と課題を明らかにして保護者に伝える。

2.わかば学級での小集団指導

 ・少人数で活動し生活することを通して人間関係や生活のルール、全体指示による行動の仕方当、行動の基本を学び身に付ける。
 ・一人一人の実態に応じた個別指導計画を学期の初めに作成し、個別指導の充実をはかる。そして学期の終わりには到達点と課題を明らかにして保護者に伝える。
 ・細かいステップで、教科学習、身辺自立、基本的生活習慣の習得、運動機能・感覚機能の向上、言語指導等をすすめ社会生活をしていく上での基本的な能力の育成をはかる。

3.交流を活かした指導

 ・通常の学級での生活、行事の交流を通して、社会生活の中での基本的行動様式、コミュニケーション能力の伸長と定着をめざす。
 ・多くの友だちと交わることを通して、集団適応能力や、心の成長をめざす。
 ・通常の学級の児童は、障がいのある児童に対しての援助や関わりのしかたを試行錯誤する中で、理解を深め、思いやりの心をもつことができる。