児童の思いや願いを
生かす活動
異学年交流活動 地域を生かした活動
○かえでフェスティバル
〇ALTによる英語での
   コミュニケーション学習
〇朝の10分間学習
〇わくわく交流
○兄弟学級での共遊び
○障がい学級との交流
〇恩田川持久走大会
〇成瀬体育館での
    お別れ球技大会
○図書ボランティアによる
    読書活動
  
   
各教科
・ 基礎的・基本的な学習内容の定着を図るため、T.T.や少人数による指導など個に応じた指導方法を工夫する。
・ 体験的な学習や問題解決的学習をすすめるとともに、人とのかかわりや児童の思いや願いを生かした授業を展開し、自ら学ぶ意欲をはぐくみ、主体的な学習方法を身につけさせる。
道徳
・ 道徳教育の要である道徳の時間の充実を図り、魅力的な資料の活用などにより、児童の内面に根ざした道徳教育の推進に努める。
・ 全教育活動を通して、自ら考え、判断し、行動できる自律的な人間を目指し、規範意識や思いやる心を育てる。
特別活動
・ 望ましい集団活動を通して、集団の一員としての自覚を深め、主体的・実践的な態度を育てる。
・ 学級活動を充実させ、身近な友達のよさを実感として味わう機会を大切にする。
・ 異年齢集団活動を重視し、クラブ活動・児童会活動・異学年交流活動を通し、豊かな人間性・社会性を育てる。
総合的な学習の時間
・ 問題解決学習を通して、自ら学び、課題を追究する力を育てる。
・ 人・自然・地域とかかわり合い、共に生きる力をはぐくむ。
・地域を生かした学習を通して、自分の住んでいる地域をほこりに思える心情を育てる。
生活指導
・ 気持ちのよいあいさつ、正しい言葉づかいをすすめ、人間関係を深める。
・児童相互の好ましい人間関係を図るため、児童理解を深め、児童と教師の信頼関係を確立する。
進路指導
・ 児童一人一人が自己をよりよく理解し、個性や能力を伸ばせるように支援する。
・ 生涯を通して学習しようとする意欲を育て、主体的に自己の進路を選択する素地を身につけられるようにする。