献 立 名  写 真    備 考  ようす  
11 七草ぞうすい
いかの松笠焼き
野菜のごまみそあえ
白玉ぜんざい
写 真 1月7日は人日の節句でした。無病息災を祈って七草粥を食べる風習にちなんで、七草ぞうすいを作りました。また、1月11日は鏡開きです。白玉と小豆でぜんざいを作りました。
15 麦ごはん
松風焼き
からしあえ
冬野菜のみそ汁
写 真 松風焼きは、お節料理にも入る料理です。ひき肉に卵や調味料を加えて混ぜ、上にごまを散らして焼きます。表面はごまで飾り、裏には何もついていないことから、「裏がない」つまり「隠し事がなく、正直な様子」を表しています。
16 麦ごはん
キムチ豆腐
ポテト入りナムル
りんご
写 真 キムチ豆腐は、白菜キムチと野菜のうま味が詰まっています。寒い日に体を中から温めてくれると思います。ねぎは町田産のものを使用しました。  
17 ゆかりごはん
じゃがいものみそそぼろ煮
ししゃものごま焼き
いよかん
写 真 じゃがいもには、ビタミンCが多く含まれています。じゃがいものビタミンCは、でんぷんに包まれているため、加熱しても壊れにくいと言われています。今日はみそと砂糖でごはんに合う味付けにしました。  
18 麦ごはん
たらのあけぼの焼き
もやしとコーンのおひたし
豚汁
写 真 あけぼの焼きは、夜が明ける頃のあけぼのの空の色をイメージした料理です。マヨネーズにすりおろした人参を混ぜ、たらの上にかけて焼きました。  
21 黒豆ごはん
ぶりの照り焼き
紅白なます
煮しめ
写 真 毎月19日は食育の日です。今日はお節料理を給食にしました。「まめに暮らせるように」「出世するように」「子宝に恵まれるように」等、お節料理に込められた願いを紹介しました。  
22 ピザトースト
コーンサラダ
明日葉のポタージュ
写 真 今日は八丈島産の明日葉を届けてもらいました。じゃがいもやベーコン等と一緒に鶏ガラだしで煮て、ミキサーにかけ、牛乳や生クリームを加えて仕上げました。  
23 パエリア
スパニッシュオムレツ
野菜スープ
写 真 今日はオリンピック・パラリンピック給食です。スペインの料理を紹介します。パエリアはスペインの代表的な米料理です。給食風にアレンジして作りました。  
24 梅おにぎり
さばの塩焼き
白菜の即席漬け
豆腐のみそ汁
写 真 1月24日から30日は全国学校給食週間です。給食の歴史を紹介していきます。今日は学校給食が始まった明治22年です。貧しい家庭の子の栄養補給を目的に作られました。当時はおにぎり・焼き魚・漬け物だけでした。  
25 スパゲティミートソース
甘酢あえ
ネーブル
写 真 今日は昭和40年です。戦後、主食はパンでしたが、初めて、麺が登場しました。当時は袋に入ったソフト麺でした。また、脱脂粉乳から、牛乳に変わったのもこの頃です。  
28 カレーライス
野菜の塩もみ
ココアプリン
写 真 今日は昭和52年です。この頃、主食にごはんが登場しました。最初は月に数回しかできませんでしたが、今ではごはん給食が主になりました。今日は1月のお誕生日給食です。  
29 麦ごはん
ハンバーグ
白菜のおかかあえ
呉汁
写 真 今日は子供たちに人気のハンバーグです。給食室で一つ一つ成形しました。給食の歴史を紹介してきましたが、現在では、料理のバリエーションも増え、できるだけ手作りをしています。  
30 そぼろごはん
キャベツの昆布あえ
ムロアジのつみれ汁
ネーブル
写 真 八丈島のムロアジを使ってつみれを作りました。ムロアジのミンチにひき肉や玉ねぎ、みそ等を混ぜ、白菜等と一緒に煮込みました。だんごがおいしかったという感想がありました。  
31   キムチチャーハン
カレーポテト
中華風コーンスープ
 写 真 大量調理では、家庭とは少し違った作り方をすることがあります。チャーハンは、具とごはんを一緒に炒めることが難しいため、具とお米は別に炒めて、最後に合わせます。