補聴器ってな〜に?
補聴器の働き

 補聴器は、音を大きくし、聞こえにくい耳に音を届けるための補助具です。その人のきこえの状態に合わせた音を作ります。

 補聴器には、いろいろな種類があります。ページ上の写真は、耳かけ式の補聴器です。主に感音性難聴の方々が使います。形も様々で耳の穴に入れる小型の物もあります。
 右上の写真は骨導式補聴器です。主に伝音性難聴の方々が使います。
 右下のイラストは人工内耳です。手術をして頭の中に音を伝える機械を埋め込み、聴神経に直接、電気信号を伝えます。
 

気をつけてほしいこと

取り扱う上で注意点があります。
@水・汗に弱い。
A高価な物です。
B補助具であり、聞こえにくさが全て改善されるものではない。

戻る
補聴器の種類