平成29年度 藤の台小学校修了式 3月23日(金)
本日は修了式でした。今年度最後の学校行事、どの児童も凛とした態度で臨んでいました。「花を咲かせる見えない力を春といいます。」という言葉で4月から新学年を迎える児童へエールを送り、その後、来年度から変わる学校の決まりについて話をしました。その後、4、5年による児童代表の言葉がありました。どちらの代表の言葉も今年度の経験を噛みしめた文章で、しっかりと思いが伝わってきました。自分のことだけでなく、周りの友達や学級のことまで考えて生活していることが伺え、とても嬉しい気持ちです。(作文は校長せんせいのひとこと欄に掲載)きっと来年度は本校の中心となり、立派に動いてくれることでしょう。今年度最後の校歌も大変気持ち良い声で元気に歌ってくれました。

今日に至るまで保護者、地域の皆様におかれましては様々な面で本校の教育活動にご理解、ご協力いただき、心より感謝申し上げます。皆様のご尽力あっての今日であったと感じております。

来年度も児童が成長していける楽しい学びの場となるよう教職員一同、取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。


  
  

平成29年度 藤の台小学校卒業式 3月22日(木)
 今日は本校卒業式でした。生憎の曇り空ではありましたが、6年生は式の前に雨雲を吹き飛ばしていくかのような弾けた笑顔をみせてくれました。廊下には教室の廊下には昔の写真などが飾られ、小学校生活最後の日を心から楽しんでいる様子でした。式を迎える時間となると真剣な顔つきになり、一人ひとりが立派な姿で入場してくれました。

 証書授与も練習の成果を存分に発揮し、担任の呼名に応え、それぞれの思いがこもった「はいっ!」が爽やかに会場で響いていました。式辞では明治維新の指導者である吉田松陰の「夢なき者に成功なし。」という言葉を引用し、卒業する児童への贐の言葉とさせていただきました。
 
 卒業生、在校生ともに予行の時以上に気持ちのこもった声で呼びかけ、美しい声で歌い、最後の校歌斉唱まで気持ちを切らすことなく役目を果たすことが出来ました。これから中学校へ進学し、さらに大きな世界へ羽ばたいていく6年生に幸ある未来が待っていることを願っています。

 そして、今日の式で頑張った5年生。入場、退場の演奏、呼びかけの声、式での態度、どれもが6年生に負けないくらい立派なものでした。藤の台小最高学年のバトンは5年生へとしっかり引き継がれました。来年度、彼らがどんな藤の台小学校をつくっていってくれるのか、こちらも楽しみです。

 本日ご出席いただきました保護者、地域、来賓の皆様。今日という日が無事に迎えられ、式を終えることができたのも皆様に本校の教育活動をご理解いただき、協力して頂いているおかげです。本当にありがとうございました。


  

  

 
ふじとも(新まちとも)プレ活動 3月12日(月)13日(火)
 2018年度より本校では、町田市の事業である新まちとも(放課後子ども教室)を開設致します。そのプレ活動として12日(月)と13日(火)にお試しの活動を行いました。本校ではこれまで「まちとも」を行ってきませんでしたが、子どもたちは、早速宿題に取り組んだり、友だちと誘い合って遊んだりしていました。この活動は町田市の子ども生活部児童青少年課から本校のふじとも協議会への委託事業です。来年度からの参加等については、新年度の保護者会にてふじとも協議会の会長より説明をしていただきます。
     
  
 
幼小連携 藤の台幼稚園の訪問 3月8日(木)
 冷たい雨の日でしたが、藤の台幼稚園の園児19名が藤の台小学校の一年生を訪問しました。はじめは、1組との交流で、歌の歓迎を受けました。続いて3組のお友だちが校内を案内して、紹介しました。最後は2組が「これは何でしょうという国語のお勉強を一緒にしました。楽しかった出会いになったようです
  
  
  


6年生を送る会 3月6日(火)

6年生も卒業まであと10日余りとなり、卒業に向けて学校も動く中、今日は「6年生を送る会」が行われました。
この日に向けて、代表委員の4,5年生を中心に各学年趣向を凝らしたプレゼントや出し物を準備して、6年生へ送りました。元気の良い司会担当の代表委員の第一声で6年生が入場し会はスタートしました。5年代表児童、校長先生の言葉、プレゼントの贈呈と進んでいきました。6年生からも各学年に家庭科でつくった雑巾がお返しで送られました。

その後、6年生児童も『楽しみ!」と言っていた各学年も出し物へ。1,2、3年生はピアニカやリコーダーを使った素敵な演奏と歌を披露してくれました。6年生への感謝の気持ちを一生懸命表現していました。4,5年生は上級学年らしい工夫を凝らした出し物で会場を盛り上げてくれました。4年生はお笑いの歌の歌詞を変え、メッセージを書いたカードで明るく楽しい出し物でした。5年生は来年度の最高学年らしく、歌あり、踊りあり、感謝の言葉あり、コントあり の盛りだくさんの内容でした。高学年らしい完成度の高さで6年生への思いを表していました。6年生も嬉しそうな表情で夢中になって各学年の出し物を楽しんでいました。中にはうっすら涙を浮かべた児童もいたようです、、、!

その後、6年生から感謝の言葉のあと、合唱のお返しがありました。練習を重ねた6年生の歌声は爽やかに体育館に響き、1〜5年生に届いていました。合唱後、6年生代表の言葉を終え、全員合唱〜6年生退場で送る会の幕が閉じました。

あと10日ほどで卒業する6年生、その姿が楽しみなるとともに、1〜5年生の成長もみることのできた会となりました。
ぜひ、ご家庭でも会の様子を聞いてみてください。

  
  
  
  
  
  


低学年ミニ展覧会平成29年度 藤の台小学校卒業式 3月22日(木)
 今日は本校卒業式でした。生憎の曇り空ではありましたが、6年生は式の前に雨雲を吹き飛ばしていくかのような弾けた笑顔をみせてくれました。廊下には教室の廊下には昔の写真などが飾られ、小学校生活最後の日を心から楽しんでいる様子でした。式を迎える時間となると真剣な顔つきになり、一人ひとりが立派な姿で入場してくれました。

 証書授与も練習の成果を存分に発揮し、担任の呼名に応え、それぞれの思いがこもった「はいっ!」が爽やかに会場で響いていました。式辞では明治維新の指導者である吉田松陰の「夢なき者に成功なし。」という言葉を引用し、卒業する児童への贐の言葉とさせていただきました。
 
 卒業生、在校生ともに予行の時以上に気持ちのこもった声で呼びかけ、美しい声で歌い、最後の校歌斉唱まで気持ちを切らすことなく役目を果たすことが出来ました。これから中学校へ進学し、さらに大きな世界へ羽ばたいていく6年生に幸ある未来が待っていることを願っています。

 そして、今日の式で頑張った5年生。入場、退場の演奏、呼びかけの声、式での態度、どれもが6年生に負けないくらい立派なものでした。藤の台小最高学年のバトンは5年生へとしっかり引き継がれました。来年度、彼らがどんな藤の台小学校をつくっていってくれるのか、こちらも楽しみです。

 本日ご出席いただきました保護者、地域、来賓の皆様。今日という日が無事に迎えられ、式を終えることができたのも皆様に本校の教育活動をご理解いただき、協力して頂いているおかげです。本当にありがとうございました。


  

  

 
ふじとも(新まちとも)プレ活動 3月12日(月)13日(火)
 
2018年度より本校では、町田市の事業である新まちとも(放課後子ども教室)を開設致します。そのプレ活動として12日(月)と13日(火)にお試しの活動を行いました。本校ではこれまで「まちとも」を行ってきませんでしたが、子どもたちは、早速宿題に取り組んだり、友だちと誘い合って遊んだりしていました。この活動は町田市の子ども生活部児童青少年課から本校のふじとも協議会への委託事業です。来年度からの参加等については、新年度の保護者会にてふじとも協議会の会長より説明をしていただきます。
     
  
 
幼小連携 藤の台幼稚園の訪問 3月8日(木)
 冷たい雨の日でしたが、藤の台幼稚園の園児19名が藤の台小学校の一年生を訪問しました。はじめは、1組との交流で、歌の歓迎を受けました。続いて3組のお友だちが校内を案内して、紹介しました。最後は2組が「これは何でしょうという国語のお勉強を一緒にしました。楽しかった出会いになったようです
  
  
  


6年生を送る会
 3月6日(火)

6年生も卒業まであと10日余りとなり、卒業に向けて学校も動く中、今日は「6年生を送る会」が行われました。
この日に向けて、代表委員の4,5年生を中心に各学年趣向を凝らしたプレゼントや出し物を準備して、6年生へ送りました。元気の良い司会担当の代表委員の第一声で6年生が入場し会はスタートしました。5年代表児童、校長先生の言葉、プレゼントの贈呈と進んでいきました。6年生からも各学年に家庭科でつくった雑巾がお返しで送られました。

その後、6年生児童も『楽しみ!」と言っていた各学年も出し物へ。1,2、3年生はピアニカやリコーダーを使った素敵な演奏と歌を披露してくれました。6年生への感謝の気持ちを一生懸命表現していました。4,5年生は上級学年らしい工夫を凝らした出し物で会場を盛り上げてくれました。4年生はお笑いの歌の歌詞を変え、メッセージを書いたカードで明るく楽しい出し物でした。5年生は来年度の最高学年らしく、歌あり、踊りあり、感謝の言葉あり、コントあり の盛りだくさんの内容でした。高学年らしい完成度の高さで6年生への思いを表していました。6年生も嬉しそうな表情で夢中になって各学年の出し物を楽しんでいました。中にはうっすら涙を浮かべた児童もいたようです、、、!

その後、6年生から感謝の言葉のあと、合唱のお返しがありました。練習を重ねた6年生の歌声は爽やかに体育館に響き、1〜5年生に届いていました。合唱後、6年生代表の言葉を終え、全員合唱〜6年生退場で送る会の幕が閉じました。

あと10日ほどで卒業する6年生、その姿が楽しみなるとともに、1〜5年生の成長もみることのできた会となりました。
ぜひ、ご家庭でも会の様子を聞いてみてください。

  
  
  
  
  
  


低学年ミニ展覧会
 3月2日(金)
今日は低学年と藤の学級の保護者会でした。低学年の廊下には子どもたちの楽しい作品が飾られていて、ちょっとしたミニ展覧会でした。子どもたちの作品はかわいくて楽しいですね。